タグ:マーケティング のセミナー一覧

2月16日(火) 11:00-11:45

アイデンティティの研鑽の先にこそ生まれる強いブランディングと商品

TIDS
代表取締役

上島 弘祥

日本と同じ工業大国でありながら、ブランド力の高い製品を生み出すドイツ。
その土地でプロダクトデザイナーとして企業ブランディングやアイデンティティ開発に携わり、現在は日本を拠点に大手家電メーカーから中小企業まで、分野を問わず様々な企業体や地方産業に向けて、アイデンティティ構築を軸とした製品デザインを提供するデザインスタジオTIDS。その代表である上島が、「アイデンティティを磨く」という視点から、これからの日本の強いモノづくりの為の大きなテコとなる時間を皆様と共有致します。

2月17日(水) 11:00-11:45

顧客目線での商品開発とコミュニケーションを生み出すデザイン

左合ひとみデザイン室
代表

左合 ひとみ

商品を開発して顧客に届ける上でまず大切なことは、自社が持つ価値と現状の課題を把握し、的確な顧客設定をすることです。ただ、顧客がのぞむことへの想像力を働かせた優れた商品が完成しても、その魅力が伝わらなくては意味がありません。顧客目線での商品開発の方法とともに、顧客との良好なコミュニケーションを生み出すデザインとは何なのかをお伝えしたいと思います。

2月16日(火) 12:25-13:10

八芳園MuSuBuが取り組む新たな地域産品PRの形

八芳園
取締役専務 総支配人

井上 義則

およそ80年にわたり、人の縁を結んできた八芳園。八芳園プロデュースチームが運営する新施設「MuSuBu」では、地域へ人とモノを動かすユニークなコンテンツ開発と可変性あるポップアップ型イベントをプロデュースしています。
オンラインとリアルが融合したイベント企画により、「人」と「食」にフォーカスをあてたコミュニティを創る、新たな地域産品PR手法を、具体的な事例を交えて紹介します。

2月18日(木) 12:25-13:10

商品力を際立たせるキャッチコピーの考え方

東急エージェンシー
クリエイティブ局
コピーライター/プランナー

室屋 慶輔

「商品力を際立たせるためにコトバでどう価値化していくか」という視点で、世の中のキャッチコピーの事例を幅広く分析しながら、コピーライター/CMプランナーの目線で解説していきます。

2月16日(火) 13:50-14:35

キットカット外装紙化の取り組みと消費者コミュニケーション

ネスレ日本
コンフェクショナリー事業本部

竹内 雄二

2019年9月に主力5商品大袋の外装紙化をスタートし、現在は一部商品を除いて外装が紙化されています。この取り組みをいかに消費者にコミュニケーションしていくかについてのチャレンジをお話します。

2月16日(火) 15:15-16:00

パッケージデザインの可能性

ポーラ
ブランドデザイン部 部長

鈴木 智晴

ポーラの化粧品パッケージデザイン開発を事例にし、ポーラが描くこれからのパッケージデザインの可能性を紹介します。

【略歴】
愛知県生まれ
愛知県立芸術大学卒業後、食品会社・化粧品会社等のデザイン部門でパッケージデザイナー経験を経て、ポーラ化成工業株式会社に入社。アートディレクターとして活躍。2015年株式会社ポーラへ出向、現在に至る。

【主な受賞歴】
iF DESIGN AWARD、red dot design award、pentawards、GOOD DESIGN、日本パッケージデザイン大賞等受賞

2月19日(金) 15:15-16:00

ブランドストーリーは原風景からつくる

バニスター
代表取締役 / ディレクター

細谷 正人

日経クロストレンドの2年6カ月、計33回にわたる取材をまとめ、書籍『ブランドストーリーは原風景からつくる』(日経BP)を発刊しました。「幼い頃の記憶がロングセラーブランドをつくる」ことを独自の調査や取材から明らかにしています。自伝的記憶は、意図的に覚えこもうとしていないにもかかわらず、いつのまにかさまざまな記憶がつくられているという特徴があります。衝撃的な1回の記憶よりも、複数回くりかえされる概括的な記憶、空間的や情緒的な記憶のほうがブランドの長期育成に大きく影響していることを解説します。

【略歴】
NTT、米国ブランドコンサルティング会社ランドーアソシエイツを経て、2008年バニスター株式会社を設立。法政大学工学部建築学科卒業。早稲田大学大学院経営管理研究科修了。

セミナー予約

セミナーの予約には事前来場登録が必要です。
事前登録券をお手元にご用意のうえ、登録画面にお進みください。

事前登録券をお持ちでない方は、登録番号「2258501」とご記入ください。

来場事前登録フォーム