出展者インタビュー


シュンビン株式会社

プロデュース部 マーケティング課

山田 富久美 氏

ブランディングを得意としている当社にとって、非常に魅力的なテーマのゾーンです

【事業概要】「中小企業の企画部を代行する」をミッションに掲げ、「デザイン×戦略」で企業の発展を支援。企業ブランドを体現させるパッケージデザイン制作を得意とする。物ではない人(ユーザー)を中心として考える思考法の「デザイン思考」を元にして、多様なアイデアを取り入れながらデザインを創出している。
WEBサイト:https://www.shun-bin.com/

展示会出展に関してのお立場と役割を教えてください。

担当者の一人で、私は普段の業務では「プロデュース部 マーケティング課」に所属しています。

この展示会に出展することを決める前に、業務上でどんな課題を感じていましたか?

当社はデザインの会社ですが、大切にしているのはお客様と一緒に考え、戦略を作り、その上でデザインをアウトプットすることです。お客様に良いデザインを提案するためには、経営戦略やマーケティング戦略を元に、ターゲットにどのように魅力を届けるかという戦略が欠かせません。そうしたブランド戦略から資材選び、デザインのアウトプットまでを当社がワンストップでやらせていただく形で、お客様の事業の発展に貢献することをミッションとしています。アウトプットするデザインは、パッケージ、web、建築、販促ツールまで多岐に渡ります。
そうした中、本展の出展では、幅広い業界の方々との出会いを期待しています。個人的にも、セグメントされていない、あらゆる人たちの声をランダムに聞くことができるリアルマーケティングの場として捉えています。普段の業務ではなかなか出会うことのない方々の声を聞くのが楽しみです。

まだ開催1日目が終わったばかりですが、実際に来場者の業種は幅広いですか?

はい、ホテルなどのサービス業を始め、これまでなかなか出会う機会がなかった業界のお客様にもブースを訪れていただいています。そして、目的を持って来場されている方が多い印象です。広く浅く情報を集めるという感じではなく、デザインに関して課題感を持っている方々が、本展を目指して来場されているので、当社としてもPRのしがいがあります。

「ブランディング・マーケティング×デザイン」がテーマのゾーンに出展されましたが、この点についてはいかがですか?

ブランディングを得意としている当社にとっては、非常に魅力的なテーマです。このテーマが出展の決め手の一つにもなりました。単にデザインや資材を求めているのではなく、ブランディング戦略面のニーズがより顕在化している方々と出会える確率が上がった感じがします。実際、ブースを訪れた方から「ブランディングをやっているのですか?」とお声がけいただくなど、ブランディングへの興味や関心が高まっているように感じました。

デザインを取り巻く環境については、どのように感じていますか?

今はフリーランスのデザイナーさんなどに、低価格でデザインを発注することもできます。デザインを発注してくださっているお客様に、より大きな価値を感じてもらうことが、ますます大切になっています。そうした中で当社は、今後もブランディングを得意とする強みをさらに生かしながら、デザインをご提案していきたいと考えています。

今後、この展示会に出展しようと考えている方へのメッセージをお聞かせください。

出展の目的とは異なる話になってしまいますが、今回、私が担当者の一人として感じたのは、本展の出展が、他のメンバーと意識を共有する場になったということです。開催当日を迎えるまでの準備で、フランクに意見を出し合いながら、みんなで一つの目標に向かうということを体験しました。展示会の出展は、チームビルディングの機会にもなると思います。

2018 © Japan Management Association All Rights Reserved.